成衛門爺のガレージライフ

人気記事
    -  |  次の5件 »

    万が一の時の、ホイールナット用レンチ。

     長いマイカー生活、40年ともなるといろんなことが発生してきます。

     もちろん、車が変わったりもしますが、肉体も変わってきます。

     体力の低下によって、立ち座りやかがんだ理りすることも大変だったり、腕力も無くなってきます。
     そんな時、電動工具やツールって大事だなってつくづく思います。

    普段使いのクロスレンチ

     タイヤ交換でいつも使うのは、クロスレンチです。
     両腕、腰で力をかけやすく、タイヤ交換の必需品。

    ホイールナットレンチ
    ★楽天市場
    ★Amazon
    ★Yahoo!ショッピング
     
     いつも、黒い肉薄のクロスレンチを使っています。
     21oの片方は、ボルトを舐め気味ですがほとんど使わないので、普通のクロスレンチより軽くて使いやすいです。

     肉薄のクロスレンチは使い勝手にはお勧めです。

     もう一つのクロスレンチは、中央の軸のボタンを押すと、たたむことかできて、収納しやすくなります。
     ただ構造上ちょっと重くなりますよね。

    ホイールナットに潤滑は禁物です。

     いつもは、クロスレンチで事足りていましたが、夏タイヤに交換をしようとしたら、ナットが緩みません。
     車検後なので、だぶん整備工場のエァーツールで締めすぎたんだと思います。
     
     ホイールナットに潤滑スプレー等を吹き付けて緩める方法も無いわけではありませんが、逆に締める時に抵抗が無さ過ぎて締めすぎることもあるので、なるべく潤滑スプレーは使いたくありません。

     今から筋トレでは時間がかかりすぎます。
     ふと、ガソリンスタンドにでも行こうかとも思ってしまいました。
     過去にワイドトレッドスペーサーのボルトを外すため持ち込んだこともありました。

    伸びるホイールナットレンチ


     一か八か、レンチ自体はテコの原理ですから、伸びるレンチを使ってみました。

    ホイールナットレンチ

    ホイールナットレンチ
     
     とやっぱり、テコの原理は偉大です。軋みながら、ナットが緩みました。

     使ったのは「BAL ( 大橋産業 ) てこレンチ ライト付」です。
     買ってからゆうに数年以上は経つと思いますが、普段はほとんど使用することはありません。

    ホイールナットレンチ
    ★Amazon
    ★楽天市場
     
    ポチっとお願いします。
     にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ ブログランキング


    自動車用ハンドツールカテゴリの最新記事
    2017-04-10 06:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    フロントスピーカー交換、新しくキチッと取付、音も良し。

     マイ軽カー、長旅の足として活躍していますが、長旅なだけに車の不具合や不安はほおっておけません。

     長旅のファーストカー。愛車はスズキkei、車体は10年以上も前の車ですが、マニュアル5速、4WDです。
     4WDは、高速走行、風、わだち、雪道、大雨など、ハンドリングが素直でとっても運転しやすいんですよ。

     今回は、運転や安全の不安ではないのですが、カーオーディオ、スピーカーの音がちょっと物足りなかったんです。
    カーオーディオ スピーカー 
     なんてったって、中古でネットで買った、これまた、10年近く前のモデルです。
     この車が3台目の使いまわしです。

     今回取り付けたのは、カロッツェリア スピーカー、carrozzeriaTS-F1030 です。
     今時のほとんどの車は、16センチのスピーカーですが、この頃のスズキの車は10センチです。
    カーオーディオ スピーカー
    ★楽天市場 ★Amazon

     この車のスピーカー交換は、簡単です。
     フロントのダッシュボードりスピーカーのパネルを外せばすぐに交換可能です。
    カーオーディオ スピーカー

     以前交換した時には、スピーカー周りのデッドニングとして、スポンジやニードルフェルトを詰め込んでおいたので、スピーカー本体を交換するだけです。

     交換後は、スピーカーの効率がいいのか、
    ・音量がUPしたようです。
    ・高音がよく出るようになりました。
    ・低音のビビリが無くなりました。

     新品のスピーカーなんて購入したのは何年振りでしょうか。
     やっぱり新しいってのはいいですよね。

     車は中古車ばかり乗り継げませんので、数千円のスピーカー交換これくらいはいいでしょ。

     初めから車についていたスピーカーと比較すれば、雲泥の差です。

     ドアにスピーカーがついている車は一寸面倒ですが自分でやれないこともありません。
     自信のない人は、カーショップなら数千円で交換してくれます。
    ブログランキング・にほんブログ村へ 


    2016-09-21 06:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    パンク危うし、ホイール・タイヤで数万円飛んじゃうところでした。

     買い物に出かけるため走り出すと、キロキロと変な音が窓の外から、中央分離帯に跳ね返って聞こえてきます。

     おかしいなと思いつつ、車速を落とし合計2キロ近く走ったでしょうか、場所が変わっても聞こえてきます。
     車を道路脇によせ見てみると、タイヤがリムから外れ、タイヤの上をリムが走っている音だったんです。
     
     幸い、右後輪だったこと、助手席にも同乗していたので、加重がかからず、リムが地面に接触しませんでした。

     そのまま、近くのガソリンスタンドへ。
     タイヤに熱はもっていましたが、タイヤ自体の亀裂もなさそうなので、空気を詰めて確認。
     
     接地面に2センチほどの金属片が刺さっていました。
     パンク修理とバランスをとって、3,500円で事なきを得ました。

    ロングハブボルト

    ロングハブボルト

     でも、気になっていたこと、それはやはり後輪のハブボルトネジ山があやしく、スパルコのナットのせいでもはや打ち替えが必要です。

     ナットとボルトで、部品代で10,000円くらいでしょうか・・、あとは肉体労働でDIY予定。

    ロングハブボルト

    ロングハブボルト
     と、今回、休暇中にでも作業をしようと、ロングハブボルトとナットを注文しときました。
     街中のショップでは扱っていませんが、楽天市場など、通販なら変えますよね。

    ブログランキング・にほんブログ村へ 



    2016-07-31 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    欲しかった、トリマーを買ってみた。妄想中。

     やっぱり、DIYをする上で電動工具は無くてはならないものです。
     その中で、家具類を作る上で欲しくなってくるのがトリマーなのではないかと思います。

     溝を掘ったり、角を丸く加工したりと使うことによって、店頭で販売されている家具のようになってくるんじゃないかと思っています。

    トリマー.JPG

     今は、キッチンサイドのテーブルを作ろうと思っていますが、はたしてどうなるんでしょうか。
     トリマーの使い方の基本からちょっと調べなくてはなりません。

    トリマービット.JPG

     ちなみに、今回購入した、リョービのトリマーは、ビット共で15,000円でしたが、ネットでは13,000円程度で購入できたようです。
     また、安価なものはトリマー本体で6,000円程度からあるようです。
     
     トリマーの使い方参考HP
     リョービ パワーツール
     週末職人工房 のHP
     ・トリマーの使い方

     ★トリマー 楽天市場を検索
     ★Amazon で検索
     ★Yahoo! も検索


    ブログランキング・にほんブログ村へ 


      
    タグキーワード
    2016-06-15 05:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    夜の長距離はHID、ヘッドライトが疲労を左右する。

     明るいか、暗いか程度の差ですが、いくら車のライトを明るくしても、日中より明るく照らすことは不可能に近い。
     ただ、日中のように明るければ疲れないかと言えばそうでもないような気がする。
     
     必要な範囲を確実に照らすことが必要なのかなぁと思う。
     明るさは、車のスピードや繁華街の村落、山間、道路が広いか狭いかなど、周りの様子により異なるものの、えてしてちょっと普通のヘッドライトではくらいような気がする。

     それでやっぱり、ハロゲンバルブからHIDに変更です。
     メーカーの正規品なら、2・3万程度、ネットでは、大陸3,000円程度からあります。

     自分の場合無論大陸製の格安HID、選ぶポイントは、・W数・バルブの明るさ・HILOの切替方式・交流か直流か・リレーの有無、この5項目です。
    ・W数  55W
    ・明るさ 6,000cd
    ・切替 スライド式
    ・交直 交流方式
    ・リレー 有
    とこんなところですが、何分大陸製なので、外形的に判断できる部分は間違いなくても、それ以外はほんとかどうか不明です。

    HID 中国製

     まあ、格安ということで、明るく照らせて、長持ちすればOKですよね。
     普通のハロゲンバルブでも、明るい物を選べば数千円はしますが、高いからと明るいかどうかは、色合いや光量、配光なとで価格の違いというより、選択の違いのほうが大きいような気がします。

     その点、HIDなら格安でも確実にハロゲンバルブより明るくなります。

     ★HID 週間ランキングby楽天市場
     ★AmazonでHIDキットをチェック

    ブログランキング・にほんブログ村へ 


    2016-05-30 05:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    -  |  次の5件 »

    自由形式

    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © 成衛門爺のガレージライフ All Rights Reserved.